jouer (ジュエー)

男を遊びつくすメディア
jouer (ジュエー)

FASHION

GADGET

LIFESTYLE

PLAY

Photo by:

【2015年メンズ ローファー】種類別、人気・定番ブランドはこれだ!!

メンズファッション中で足元を輝かせくれる定番アイテム一つローファー。今回はそんなローファーを種類別に人気アイテムから定番アイテムまでご紹介します。

   

main-10-loafers-for-spring_0

足元を輝かせるには素材選びから!!

一口にローファーといっても、値段の安いものから、高額なものまで多くの種類が販売されています。その中でもジュエー記者の経験上、必ず本革の製品を選ぶ事をオススメします。

合皮やフェイクレザーといった安くて、一見本革と大差ないようなものも沢山ありますが、やはり、それはフェイク!実際に履き続けていると合皮やフェイクレザーは直に傷んでしまい、素材自体もボロボロになりやすいものが多いです。

その点、本革の製品は使えば使う程、革本来の渋みのある色合いに変化していき味が出てきます。もちろん、定期的な手入れは必要になってきますが、本革の場合、何年も、へたすれば何十年も履き続ける事が出来るアイテムが沢山あります。

また、男性の「靴」、「ベルト」、「時計」は、チェックされやすいアイテムなので、安物買いの銭払いになってしまうよりも、そこそこ値段が高くても自慢の一点アイテムを購入する事をオススメします。そういったアイテムを身につける事で自然と自信にも繋がるのではないでしょうか。

それでは、ここからはジュエー記者がオススメする、素材にこだわりのあるローファーを、「種類別」にご紹介していきます。一口にローファーと言っても色々な種類があるので、今回はその辺りも一緒に解説していきます!

 

ペニーローファー/PENNY LOAFERS

ペニーローファー

別名コインローファーと呼ばれ1950年代アメリカの学生が、ファッションの主張として1セント硬貨(ペニー)を「Weejuns」というローファーの切れ込みに差し込んだ事が名前の由来といわれている。ローファーの種類の中では一番シンプルかつオーソドックスなタイプ。

G.H.BASS/ジーエイチ・バス

img58820129

ジーエイチバスは1876年George Henry Bass氏によりアメリカで創業された老舗のシューズブランド。 世界で始めてローファーを作った会社としても有名。ペニーロファーを生んだ「Weejuns」もバスの商品。

また、マイケルジャクソンがビリージーンのミュージックビデオで履いているのも、このバスのローファーでそこから更に人気に拍車がかかった。

LOGAN(ローガン)

th_ローガン

ローファーシューズの代名詞ジー・エイチ・バスのフラットストラップローファー”LOGAN”。 モデル”LOGAN”はアメリカでも世界でも定番中の定番型。 因みに、一般的にこのストラップ型が「コインローファー」や「ペニーローファー」と呼ばれているのは、かって東海岸のアイビーリーガー達がストラップの穴にペニーコイン(=1セント硬貨)をはさむのが流行したことからと、言われている。 元々”なまけもの”の意味らしく、脱ぎ履きしやすいのもローファーシューズの特徴である。

 

LARSON(ラーソン)

10260

クラシックなフラットストラップが特徴的で、すっきりとしたフォルムにガラスレザーを使用し上品な質感になっている。手縫いのマッケイ製法で作られており足に良く馴染み、柔らかく軽量。 Weejunsのロゴが刻印されたレザーソールにヒール部分にはラバーを使用。

 

MARGARET HOWELL/マーガレットハウエル

loafers_main01

イギリスのファッションブランド、MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)。シンプルでトレンドに左右されない往年のデザインのアイテムを展開。キップスキンと言われている生後1年以内の子牛の革を使用しているのでとてもやわらかい上質な革が特徴。

 

J.M.WESTON/ジェイエムウエストン

th_ジーエム2

ジェイエムウエストンは、1891年フランスでエドワール・ブランシャールが創業した100年以上の歴史を持つ靴ブランド。

「水が浸入しにくい」「内蔵されたコルクが緩衝材となるため、長時間の歩行に適している」「長期間使用していると、コルクが沈み込み、使用者の足の形に変形するため、独特のフィット感がある」「靴底と甲革が厚手の物が多いため、型崩れしにくい」などの長年愛用するのには持って来いの特徴多数ある。

グッドイヤー・ウェルト製法を採用し、1足完成するまでに200以上の試作を重ねられているこだわりぬいたローファー。

価格は10万円近いアイテムも多いが一足もっていると生涯使える一品。

J.M.WESTON 180 シグニチャーローファー

th_ジーエム1

色焦ることのない王道モデル「180 SIGNATURE LOAFER」フレンチトラッドの特徴である少し丸みを帯びたフォルムは品があり、全く飽きが来ないデザイン。

このモデルは4mmピッチのサイズ展開とA~Fまでの6つのウィズとハーフごとのサイズ展開のため、自分の足にぴったりの一足が手に入る。

またフランスらしい上品さと繊細さを持ち併せているため、コーディネートを一段と格上げしてくれる、まさに珠玉のローファー。

 

ALDEN/オールデン

 th_オールデン1

オールデンは1884年、Charles H.Aldenがマサチューセッツ州のミドルボロウに設立したアメリカを代表する老舗シューズブランド。

品質の良い素材を使ったメンズトラディショナルシューズを揃えている。本国アメリカよりも日本での支持が厚く、その履き心地の良さは世界的に認められている。

日本で知名度が高いのは、ビームスやシップスなどの主要セレクトショップで展開されていたことと、ファッション雑誌で数ページにわたる特集が組まれたことが大きい。

また、素材はホーウィン社シェルコードヴァンを使用。コードヴァンが生み出す独特の輝きと、履けば履くほど馴染むコードヴァンにしか成せない形状記憶の性質が特徴的。

コードヴァン・ヴァンラストシングルレザーソール

オールデン-2

オールデン_3

ホーウィン社コードバンを使用したALDENのハーフサドルのローファー。 他のどのブランドにも表現する事のできないオールデンならではのコードヴァンのローファーは、ホーウィン社のシェルコードバンを使用しております。 コードヴァンが生み出す独特の輝きと、履けば履くほど馴染むコードヴァンにしか成せない形状記憶の性質が単なるローファーではない証拠と言えるでしょう。 ラストには新生VANラストを採用しております。今までのVANラストでは甲高の人ですとローファーが足に入らなかったり、入っても夕方には足がむくみ痛くなるというケースがありました。ですが、新生VANラストはDワイズとなっておりますので、足入れがとても楽です。 以前のVANラストと比べますと、より日本人が履き易いモデルとなっております。 トゥ部分はハンドソーンによるスキンステッチ。そして勿論、グッドイヤーウェールト製法。 ヒールにはマカフィーヒールを採用しているのでリペアも容易です。定期的にケアして頂く事により愛着も増し、コードヴァンの深みも一層増しますので、まさに一生モノと呼ぶに相応しい逸品。
参照:http://www.arknets.co.jp/modules/arknets_shop/kaimono.php?id=11786&sid=9&bid=223&cid=2

 

 

タッセルローファー/TASSEL LOAFERS

タッセルローファー

甲の部分に、布の終りの部分に取り付けられる装飾であるタッセル=房掛け (ふさかけ) が付いているローファー。

タッセル自体は世界中の多くの文化において様々な種類が見られ、全世界的な装飾品となっている。

ローファーの中ではドレッシーなタイプなので、素足で履いても高品質な雰囲気が演出される。また、タッセルのデザインは一つひとつ異なり、一足の全てがそのデザインに凝縮されるといっても過言ではない。

クロケット&ジョーンズ/Crockett&Jones

クロケットジョーンズ

1879年、英国靴の聖地イギリス・ノーザンプトンに誕生したクロケット&ジョーンズ

創業以来、熟練したクラフトマンたちの高い手技から生まれるその靴は、美しさはもとより、 足を守るという靴本来の機能を徹底的に追及した理想の逸品。

120年間かわることのない、その伝統の靴作りの哲学は、現在でも受け継がれ、 イギリスで最も優れたメーカーとして地位を築いている。

CAVENDISH タッセルローファー/カーフ

th_CAVENDISH タッセルローファー:カーフ

クロケット&ジョーンは多彩なラインナップを持つブランドとしても有名だが、その中でも代表的なモデル。

ラストには快適な履きやすさを持ち、甲と幅のサイズバランスが日本人向けとされる「325」を採用。艶のある上質なカーフレザーを贅沢に使用し、アウトソールにもレザーを使用。

また、グッドイヤーウェルト製法を採用し、ソールを交換することができるのも特徴的。

 

アレンエドモンズ/Allen Edmonds

アレンエドモンズ

アレンエドモンズ-2

アレン・エドモンズは「世界で一番豪華で履き心地の良い手作りの靴を作りたい」という夢を持った一人の靴職人によって、ウィスコンシン州のベルギーという小さな町で創業した。

その靴職人が創り出した靴は、釘を使わず、硬い鉄のシャンク(土踏まず部分の芯)も使わない、歩く度に屈曲する足に合わせてフレキシブルに曲がるとても履き心地の良い評判をはくした。

現在アレン・エドモンズでは、1922年の創業当時の伝統を受け継ぎ、750人の熟練した靴職人が5つの工場に分かれ、212の工程を経て靴を作っている。彼らは最上質な靴を作り続けている事を誇りとしている。

 

ローク/Loake

ローク

ロークはイングランドにあるケタリングという町で、トーマス、ジョン、ウィリアムのローク3兄弟によって創業さた老舗ブランド。

創設以来、製靴部品が多く、作業工程も複雑なため、重量のあるがっちりした靴になるが、その分丈夫で実用性が高く、ソール交換などのメンテナンスもしやすいことが特徴的なグッドイヤーウエルト製法を採用している。

2007年にはRoyal Warrant(英国王室御用達)のブランドとして正式に認定された素晴らしい伝統と信頼のブランド。

loake623

ローク_2

ローク-3

モッズの聖地、ブライトンの名を冠した Loake Englandローク イングランドの タッセルローファー。 上品かつ華やかな印象を与える オックスブラッドカラー。 ファッション性ばかりが追求される ローファーの中において、 あえてクラシックなフォルムで
Loake流の解釈を実現。 シューズメーカーの靴なので 見た目だけでなく作りも一級品。 ホワイトのヒートシールドソールにより 軽やかにした1足はカジュアルから ドレススタイルまで合わせやすい。

loakebrightonoxblood

loakebrightonoxa

ファッション性ばかりが追求される ローファーの中において、 あえてクラシックなフォルムで Loake流の解釈を実現。  ワインカラーが上品な一足。

 

リーガールシューカンパニー/REGAL Shoe&Co.

リーガル

誰もが一度は履いたことがあるといわれるレザーシューズの王道ブランド「REGAL」。その「REGAL」のオリジナルブランドとして誕生。

軍靴製造をブランドのルーツに持ち、タフで壊れにくいグッドイヤーウエルト製法を日本に持ち込んだのもこの「REGAL」。

その本格的なレザーシューズは60年代のアイビールックブームを経て今もなお、多くの人々に愛され続けている。

2010年、その「REGAL」から独立したオリジナルブランド、リーガールシューカンパニーが誕生。伝統とモダンという2つのキーワードをコンセプトにアイテムが作り上げられている。

 

ドクターマーチン/Dr.Martens

ドクターマーチン

言わずと知れた世界中で大人気のシューズブランド、ドクターマーチン

ドクターマーチンの誕生は1945年のドクターマーチンソールの発明にさかのぼる。 当時、スキーによる事故で怪我を負ったドイツの医師、クラウス・マーチン博士は、リハビリのために古いタイヤを加工して、クッション性のあるラバーソールを開発。

その後、この特殊なソールは、ソール内に空気を閉じ込めることで歩行中の衝撃を吸収、「バウンシング」と呼ばれる“弾むような”歩行性を実現。

1960年4月1日、ドクターマーチンの記念すべきファーストモデル「1460Z」がAIRWAIRブランドとして発売された。 発売日に由来したコードネームを持つ 1460Zは大きな反響を呼び、ロンドンの若者たちはもとより、多くのミュージシャンたちに絶大なる支持を受けている。

独自のソールによる機能性に加え、あらゆるファッションに自由にコーディネイトできるデザイン性の高さは時代を超えた定番のフットウエアとして、世界中のストリートでさまざまなカルチャーとファッションをリードし続けている。

誕生以来ドクターマーチンドクターマーチンの「顔」として、時代を超えて愛され続ける8EYE BOOTが定番だが、忘れてならないのがADRIAN TASSLE LOAFER だ。

 エイドリアン タッセルローファ/ADRIAN TASSLE LOAFER

ドクターマーチン-3

ドクターマーチン-2
 ドクターマーチンが扱うレザーの中でも、ソフトな質感が魅力のオイル系フルグレインレザーを使用。履けば履くほど色味の変化が付く高級感あふれるバーガンディと、素材にポリッシュスムースを採用した淡い光沢が絶妙。

履き口があえて少し狭く設計されていて、歩いた時の安定性まで考慮されている。 他とは違ったワンランク上のローファーを探している方にオススメ。

 

ビットローファー/BIT LOAFERS

ビットローファー

ビットローファーは馬具の一種である轡(くつわ)の 、はみの形をした飾り金具を甲の上のベルト部分に付けた ローファー。

1966年にグッチが金属の小勒(馬のハミの一種)をサドル部分にデザインしたローファーを発売した事が始まりと言われている。

スーツスタイルでもカジュアルスタイルでも利用できることから1970年代から1980年代にかけてアメリカのビジネスマンに愛され、ウォールストリートのユニフォームと呼ばれるほどであった。

チェザレ パチョッティ/CESARE PACIOTTI

チェサレ パチョッティ

1948年、Giuseppe Paciottiが創業したシューズブランド。その後、1980年に子のCesare PaciottiがCEOに就任し、ブランド名がCesare Paciottiとなった。

1980年代、Dolce&Gabbana, Gianni Versace, Roberto Cavalli, Romeo Gigli など数々のビッグメゾンのシューズメイキングを一手に引き受けていたほどの才能、実力を持ち、世界中にファンを持つ上質なイタリアンシューズブランド。

日本に比べヨーロッパを中心に世界中で知名度は高く「ラグジュアリーシューズ」と言えばチェザレ パチョッティと言われる程人気を誇る。

チェサレ パチョッティ-2

チェサレ パチョッティ-3

zmp0000113020

 

 

 ディメッラ/DI MELLA

ディメッラ-2

ハンドメイドで有名なイタリアの街ナポリで、130年以上も高級靴を造り続けている名ファクトリー、DI MELLA(ディメッラ)。
このブランド良さは、クラシックな雰囲気漂う優雅でエレガントなフォルムと、高級素材を使いこなす技術力。

毛並みがとっても綺麗な高級スエードが使われたこのローファーは、オトナのシックなエレガントさを備えた逸品。履き心地も老舗の技術が生きていて、履いていてフワッと包まれるような気持ちに!

アッパーには張りがあってなおかつ柔らかい高級スエードを使用。スーツに、ジャケパンに、そしてカジュアルに。スタイルを選ばない使い勝手の良い一足。

ディメッラ

 

グッチ/GUCCI

グッチ

1920年にイタリア・フィレンツェで創業した、老舗ファッションブランド“GUCCI。皮革職人達が創り出す力強く独特の美しさとスタイルを創造し続け、世界中の著名人やセレブから絶大なる支持を受けて、世界のトップブランドとして確固たる地位を築いている。

グッチのビットローファーは老舗ならではの歴史と伝統が魅力だが、その一方で、デザインバリエーションが圧倒的に豊富な点も見逃せない。

グッチ-2

グッチ-3

sim

 

スエードローファー/SUEDE LOAFERS

スエードローファーここまで本革生地のローファーをご紹介してきましたが、最後にスエード生地のローファーをご紹介します。

まず、スエードとは加工した皮革・合成皮革の一種で、クロムでなめした皮の内側を、回転砥やサンドペーパーなどで磨いて起毛(けば立てること)した生地の事を言います。

主に子牛や山羊革を使い、毛足が短く柔らかな手触りのものほど良質で皮地のしなやかさが特徴的です。

また、スエードはとてもデリケートな素材で水に弱いという一面を持ちますが、スエード生地のローファーはスーツに合わせやすく、ビジネスシーンはもちろん、コーディネイトのしやすさからカジュアルからフォーマルまで幅広いスタイルに合わせる事が出来ます。

スエードの手入れの仕方

先程も述べたように、スエードはとてもデリケートな素材なので、こま目に手入れする事をオススメします。特にスエードの天敵は「水」です。「水」からスエードを守る為にも防水スプレーを定期的に振り掛けておくのは必須です。

また、日頃からブラシで毛足の中のホコリや土を丁寧に取り除いておけば常に綺麗な状態を維持する事が出来ます。

しかし、それでも汚れがついてしまった場合、全体的な汚れには、液体タイプの「スエードローション」や「スエードスプレークリーナー」で落とし、部分的なしつこい汚れには「レザリアンスペシャルガム」、「スエードラブラブクリーナー」で丁寧に手入れをすれば、奇麗に汚れを取り除く事が出来ます。

ストックトン/STPKON

sk027_21

イタリアのモカシン業界を牽引するメーカー STOKTON(ストックトン)。常に時代を引っ張るデザインとカラーリングに加え、履き心地のクオリティにおいても一級品。

マテリアル、カラー、フォルム、ソールなど、まだどこにも無い新しいものを組み合わせたり、マテリアル業者に特注して新素材でスタイルを提案したりる等、信頼である「多様性への挑戦」を貫いている。

ストックン

ストックトン-2

 

ストックトン-3

 

 

イルカンパゴ/IL CAMPAGO

wrk11

イルカンパゴはイタリアの歴史あるシューズファクトリーメーカーで、 ミラノをはじめ、イタリア各地に直営店をもち、世界中のブランドシューズのOEM生産も請け負っている実力派。

男の足元をお洒落にみせる人気のドレスシューズコレクションや、ベーシックでありながらスタイリッシュ&エレンガントなフォルムが人気の逸品。

カジュアルっぽさをさりげなく持ち合わせるスエード素材でつくる エレガントなドレスシューズのラインナップが多い。

imgrc0062567197

imgrc0062024128

img62550454

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ステファノガンバ/STEFANO GAMBA

sg_c7

ステファノガンバはイタリア・トスカーナに拠点を置くカジュアルシューズブランド。クライアントへの工場直送方式の採用や、素材を大量に仕入れることで原価を安く抑える等、合理的な改革・改善がリーズナブルなプライスを実現させている。

ハンドメイドの気持ち良い履き心地はもちろんの事、オシャレで名高い国イタリアのブランド特有の、感度の高いデザイン性もこのブランドの特徴の一つ。

また、年に2回発表されるコレクションでは、常に世界中のバイアーで賑わっており、その注目度合の高さが伺える。日本でも年々ファンを増やしているブランドである。

sg052_21

sg005_23

imgrc0062562426

tgamba20140828001_2

 

カミナド/CAMINANDO

cnd-su-131-1

カミナドは2008年に誕生した日本のシューズブランド。現在、ニューヨーク、ラスベガスでのエキシビジョンを中心に、インターショナルのファッションシーンをマーケットに展開する。

靴作りにおいて歴史の深いメキシコでの、伝統的なシューメイキングとハンドクラフトに惚れ込み、同国内にて7社のシューズファクトリーと契約。

熟練した靴職人を擁するこれらのファクトリーの中から、モデルやデザインに合わせ、最も適したファクトリーを選定し生産を行う。

マシンメイドでは表現できない、ハンドクラフツ特有の繊細な表情や独特な存在感を醍醐味とし、メキシコメイドでの絶対的なクオリティに自信を持っている。

caminando-14104-ns-3

caminando-146-vb

img63893344

 

メンズローファーのまとめ

ローファーには、ペニーローファータッセルローファー、ビットローファー、そして、それぞれにスウェード生地のローファーがあり、どれもフォーマルなスタイルからカジュアルなスタイルまで、幅広いコーディネートに合うアイテムが多いのが特徴です。

一足持っていると本当に使い回しが効き、重宝するアイテムなので、先ずは一足手に入れてみて、バリエーションを持たせたいと思った時には、別の種類のローファーを購入するのが良いのではないでしょか。


Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/sow/non-men.com/public_html/wp-content/themes/jouer/functions.php on line 343

Warning: file_get_contents(http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json?url=http://non-men.com/fashion/2991/) [function.file-get-contents]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/sow/non-men.com/public_html/wp-content/themes/jouer/functions.php on line 343

RELATED POST
関連記事