jouer (ジュエー)

男を遊びつくすメディア
jouer (ジュエー)

FASHION

GADGET

LIFESTYLE

PLAY

Photo by:

あなたは大丈夫?!ファッションのタブーを今一度確認しておこう。

基本的にやってはいけないファッションをおさらい。この中で当てはまる項目が一つでもあれば危険信号。第一印象で八割決まると言われるくらい、男だって見た目も大事なのです。

第一印象でその人の8割が決まってしまうと言われています。皆さんも今一度自分のファッションを客観的に見てみましょう。特に、ファッションに変にこだわりを持っている人は要注意です!こだわりや先入観は基本的に捨ててしまいましょう。

似合う似合わないにかかわらずダメなファッションとは?

①服や靴がくたびれている

Photo by: 

何度も選択を繰り返すうちに色あせたりシワが目立ってきたりします。どれだけ値段が高かったとしても、どれだけお気に入りだとしても、基本的には2年が限界とおぼえておきましょう。服のバリエーションが少なく、頻繁に同じ服を着ているなら尚更、ダメージを受けてヨレヨレ、色褪せもします。安い服なら痛むスピードはもっと早くなります。

スニーカーなどで白いソールのものなどは黒く汚れやすいので、一週間おきぐらいで、消しゴムなどを使って汚れを落としておきましょう。

②どこのブランドかわからない運動靴を履いている

Photo by: 

運動靴は鉄板でNGです。お洒落は足元からというくらい、靴で印象が大きく変わります。安い靴屋さんなどでセールで売られているような運動靴は小学校くらいまでにしておきましょう。スニーカーであれば「ナイキ」や「アディダス」で全然OK、ブーツ等であればAmazonや楽天で見栄えが良くて安い靴(耐久性は低いですが)があります。当サイトのコーディネート提案でもたくさん紹介しているので参考にしてください。

③安っぽくて薄い色のゆったりデニム

Photo by: 

デニムを履くなら、ゆったりサイズは避けましょう。スキニータイプのもののほうが、引き締まってシルエットが綺麗に見えます。色の選び方ですが、春夏は薄めの色が似合いますが、秋冬は濃い色(ネイビーやブラック等)を選ぶようにするとしっくりきます。

⑤筆記体で書かれた文字、十字架や天使の羽などのプリント

Photo by: 

プリント系の服は、一歩間違えると急激にダサくなってしまいます。上の写真などのように、羽模様や筆記体の文字がプリントされているようなものは安っぽく見えてしまいます。なるべくプリントのない服を選ぶようにするのが無難です。

⑤自分に合っていないものは無理しない

Photo by: 

ファッションに興味が湧いてきた頃に良く起こしがちな勘違いです。自分に合っていない服を着るということは、絶対にやってはいけません。上の写真は極端な例ですが、服というものは高ければいいというものではないし、こだわればいいというものでもありません。自分に合っていることが大事です。

今一度自分のファッションをチェックし直してみましょう。


Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/sow/non-men.com/public_html/wp-content/themes/jouer/functions.php on line 343

Warning: file_get_contents(http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json?url=http://non-men.com/fashion/3221/) [function.file-get-contents]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/sow/non-men.com/public_html/wp-content/themes/jouer/functions.php on line 343

RELATED POST
関連記事