jouer (ジュエー)

男を遊びつくすメディア
jouer (ジュエー)

FASHION

GADGET

LIFESTYLE

PLAY

Photo by:

ストレッチにも二種類ある!?効率よく身体を作るためにするストレッチとは?

ストレッチをする意味を理解し、ストレッチの種類を覚えれば、より効率よく筋肉をつけることができます。

  できん!無理だ!バカたれが! 身体づくりの基本は継続である。継続して身体づくりを行うことが、モテる身体へ近づくための最大の困難であり、近道なのである。 そこで長くトレーニングを続けていくために、何が必要か。要素は一つ。 ケガしないこと。ケガをしてしまえばそこでトレーニングが中断してしまう。  

ストレッチは大きく分けて2種類。

ランニング   「動的ストレッチ」「静的ストレッチ」である。 まずは動的ストレッチ。 トレーニングを始める前の準備が必要になる。身体が温まらなければ、ケガをするリスクは高まる。というがなぜこんなことを言われいるか、考えたことはあるだろうか。そして適当にウォーミングアップをしてはいないだろうか。もう三月になるが寒暖の差が激しければ、筋肉は固まりやすくなる。固まった状態で、無理に動かして刺激を加えれば、固い筋肉は壊れてしまう。ウォーミングアップで筋肉を温めることで、筋肉に柔軟性が増し、動きやすくもなるし、ケガもしにくくなる。たとえば、ラジオ体操も動的ストレッチになる。これがウォーミングアップの目的と動的ストレッチの役割だ。   静的ストレッチとは、 いわばリラックスしたりするとき、お風呂あがりなど、トレーニングが終わった後にするストレッチだ。一般的なストレッチのことをいう。ストレッチマンなんかもこの類だ。 トレーニングで強くなるメカニズムは、

破壊→ケア→栄養補給→回復→破壊

という形で繰り返されることが望ましい。 このサイクルはどれが欠けても強くはなれない。静的ストレッチは破壊した後のケアの役割を担う。そこをおろそかにしてしまうと、疲れが残り次のトレーニングのパフォーマンスの低下につながり、パフォーマンスの低下に気づかず、トレーニング中に力んでしまうとケガにつながる。そういった事態を防ぐために、入念なケア、ストレッチが必要だ。静的ストレッチは副交感神経といって、リラックスしているときに活発になる神経で、リラックスして、乳酸という疲労物質を尿などと一緒に排出する。それが静的ストレッチの役割である。    

超回復の仕組みを理解する

みんな気付いてはいないが、1時間ぐらいのトレーニングで修復には24~48時間かかる。修復中はトレーニングを控え、回復を待ってからトレーニングすることでより効率的に筋肉をつけることができる。   ストレッチを疎かにしたらダメ ちなみに、ついトレーニングすることだけに集中してしまい、トレーニング後の筋肉のストレッチや、回復に時間をかけることを皆忘れがちだが。回復やケアに時間と頭をつかえて初めて、いい身体づくりができるのだよ。   ではまた会おう!   【ダイエット】痩せるには筋トレ、でもその前に理解しておくべき事 【ダイエットの基本】まずは散歩!?簡単に始める理想のボディー作りとは?
Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/sow/non-men.com/public_html/wp-content/themes/jouer/functions.php on line 343

Warning: file_get_contents(http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json?url=http://non-men.com/lifestyle/969/) [function.file-get-contents]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/sow/non-men.com/public_html/wp-content/themes/jouer/functions.php on line 343

RELATED POST
関連記事